トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

債務整理・借金返済相談ナビ自己破産の基礎知識 > 自己破産のデメリット

自己破産のデメリット



自己破産のデメリットの画像

自己破産した場合って、どんな生活が待っているのでしょうか。
これからは日蔭者として生きていかなければならないのか?……。
意外と知られていない自己破産のデメリットですが、正しく知っておくことが大切です。
ここでは、自己破産した場合のデメリットについて説明しましょう。

まず、返すお金がなくて破産宣告をするわけですから、家財道具すべてを持っていかれるイメージがありますよね。
もちろん資産価値が高いものは処分されますが、売値で20万円以下のものは手元に残すことができます。
また、99万円以下の現金も同様に残せます。
この辺は、思っていたよりも厳しくない印象ですね。

他には「官報」という国が発行している機関紙に自己破産者として住所や名前が載ってしまいます。
それに、ローンやクレジットに関してブラック認定されることになるので、数年間は融資を受けることができなくなります。
これらは、自己破産した後、すぐにまた借金をしないためにも必要なデメリットでしょう。
これで、「また自己破産すればいいや」的な借金を繰り返さないようになります。

そして、一番気にかけて欲しいのは、自己破産することで放棄してしまった返済義務が保証人に生じてしまうことです。
保証人を立てている人は、自己破産する前には必ず保証人に相談すること。
勝手に手続きしてしまったらトラブルの元となります。
保証人になってくれた人に、これだけは礼儀としてきちんと対処してください。


債務整理・借金返済相談ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。