トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

債務整理・借金返済相談ナビ自己破産の方法 > 自己破産と免責

自己破産と免責



自己破産と免責の画像

自己破産する場合、裁判所に破産の申し立てを行います。
その時点で、借金の返済義務がなくなるわけではありません。
免責の決定を受けて、そこではじめて返済がなくなるのです。
ですが、自己破産すると、必ず免責が受けられると思っている人も多いでしょうが、実は違います。
免責決定が受けられない場合もあるのです。

まず、健康保険料や各種税金、また罰金などは、基本的に自己破産と免責が同時に行えません。
他にも、離婚の際の慰謝料や子どもの養育費も同じく行えません。
支払うものは何でもかんでもチャラになるわけではないのです。
この点は、事前に理解しておきましょう。

また、自己破産者の行為によって、「免責不可事由」とみなされるものもあります。
たとえば、「自分の収入に見合わないほどの浪費やギャンブルでの借金」「クレジットカードで商品を買い、それを現金化していた」「自己破産を前提に借金を繰り返した」「10年以内に免責の申し立てを行っている」場合などでは、自己破産しても借金は免責にならないことがあります。

なかには免責を受ければ借金をしても払わなくてすむ、などと考えている悪質な自己破産者もいるものです。
これらは、そういう者に対しての戒めとなっています。
免責を受けられないと、自己破産者という経歴と消えない借金だけが残ることになります。
また、法律で定めている自己破産者の義務に違反した場合にも、
免責は受けられませんから気をつけてください。


債務整理・借金返済相談ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。