トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

債務整理・借金返済相談ナビ自己破産と多重債務 > 任意整理と特定調停

任意整理と特定調停



任意整理と特定調停の画像

多重債務になると返済も苦しくなり、滞ることもあるかもしれません。
この借金地獄いつ終わるのだろうか、と不安になる人がほとんどではないでしょうか。
どんなに苦しくても、その多重債務を整理することで解消されます。
その整理の仕方もいろいろありますので、ここでは整理法を説明します。

多重債務の整理法は、「自己破産」「任意整理」「個人民事再生」「特定調停」と、大きく4つに分けることができます。
この中で、一番分かりやすい方法が、「自己破産」ですね。
自己破産するには、裁判所に破産の申し立てを行います。
ここで免責の決定を受ければ、今あるすべての債務(借金)を放棄することができます。
しかし、免責を受けられなければ、破産宣告はしたものの、債務は残り、借金を返す生活は変わりません。

次に、「任意整理」もよく聞く方法だと思います。
これは、代理人(弁護士や司法書士)が債権者と債務について交渉していきます。
返済が楽になるように、分割払いにしたり、返済日を延ばしたりしてくれます。
「個人民事再生」は、企業が倒産したときに起こす民事再生の個人版です。
自己破産とは違って、借金がチャラにはなりませんが、返済総額が減るので楽になるでしょう。
裁判所を通して行うので、そこが任意整理とは違うところです。

最後に「特定調整」とは、裁判所の調停員が債権者と債務者との間に入り、借金を減らす話し合いを行ってくれます。
この特定調停は、費用が他の方法よりも安いことがウリで、1社について千円程度で行えるそうです。


債務整理・借金返済相談ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。